ジャパンクッブオープンin岩手住田町実行委員会のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31日にすみた産業まつりが開催されます。
今週の日曜に住田町役場周辺ですみた産業まつり実行委員会主催の「平成22年度気仙誕生1200年記念 第16回すみた産業まつり」が開催されます。



開催日時は、10月31日(日) 午前9時から午後3時です。
餅まき大会やイベント、郷土芸能(高瀬鹿踊り、恵山花取踊)、農林産物直売など盛りだくさんな内容です。



今年の注目はご当地バーガーの試験販売。
町内産の食材で作られた米粉パンのつくねバーガー。
11時から限定200個販売です。



林業関係のイベントでは、気仙スギ丸太伐り競争が行われます。
毎年林業の町である住田町の猛者たちが丸太の早伐りを競争します。なかなかの見物です。



その他に林業、木材産業関連としては、ペレットストーブの展示や木工品販売、木の葉のパウチコーナーもあり、お子さんも楽しめるはず!



クッブを生産している住田住宅産業さんも出店されるので、FSC森林認証商品ぜひ手にとってみてください。



台風だけが心配ですが、楽しいイベントばかりですのでぜひぜひご来場ください。






スポンサーサイト
緑の少年団大会
7月の28、29日と岩手県・岩手県緑化推進委員会、住田町の主催で「岩手県緑の少年団大会」が住田町の種山ヶ原で開催されました。



県内の緑の少年団の皆さんが集まって、種山ヶ原を散策したり、木工を楽しんだりして、少年団同士の交流を深め、森林に対する理解をより深めてもらうという行事です。



もちろん住田町と言えば「クッブ!」ですから(!)、クッブも皆さん楽しんでいただきました。

shounenndan


初めてKUBBをやるチームの子どもたちもかなりの本数のクッブを倒していましたよ。



また、実行委員会であるのにもかかわらず、恥ずかしながら運動場の固い土の上でやるクッブしか見たことがなかったのですが、



こうしたやわらかな土の上でのクッブも、思わぬ方向へカストピンナがはねたり、クッブが倒れにくかったりと、意外性があり、かなりおもしろいなあと思いました。



少年団の皆さん2日間楽しんでもらえたでしょうか。
また種山ヶ原に遊びに来てね。そしてクッブでまた一緒に遊びましょう。








森の講座のご案内
おはようございます。
梅雨空で今日も蒸し暑い住田町です。

さて、来週の日曜にすみた森の案内人の会主催でイベントが開催されますので、お知らせします。
詳細は以下のとおりです。

問いあわせ、参加申込みは
 →上有住地区公民館 
  すみた森の案内人事務局(佐々木、紺野) 0192-48-2013

*********森の講座のご案内********

日時 2010年6月27日(日)
   10時から

場所 姥石公民館(住田町世田米字子飼沢)


内容 (独)森林総合研究所の八木貴信さんを講師に迎え、
    午前中は講義、午後は散策会(1時間程度)を行います。

参加費 1人1,000円(昼食代含む、当日集金)

申込〆切 6月22日(火)

皆様のご参加をお待ちしております。


森のつみ木広場
クッブの情報ではないのですが、同じ木を使ったイベントを実施したので紹介します。

つみき



オイスカ宮城県支部の協力を得て、6月6日(日)住田町主催のたまごまつり・ひよこまつりで、森のつみ木広場を開催しました。


森のつみ木広場とは、国産材の間伐材でつくられた積み木で子どもたちが遊ぶことで、木の手触りを感じたり、集中して物をつくることの楽しさやお互いに協力しあうことを学べるプログラムです。


また、森林についてのお話も合わせて行うことで、森林の大切さを分かり易く伝えることができます。


写真のように、子ども達の創造力に驚かされるような作品ができあがりました。


お母さん、お父さんにも大好評でした。


つみ木広場の詳細はこちら(つみ木広場HP)をご覧ください。
今後開催される予定も掲載されているので、興味のある方はぜひご参加されてはいかがでしょうか。


(ミズノ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。