ジャパンクッブオープンin岩手住田町実行委員会のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いまの日本の環境を救えるのは森だと思う。
今日は住田町も登録しているフォレストサポーターズについて、お知らせしたいと思います。

フォレストサポーターズ・・・
聞き慣れない言葉かもしれません。

フォレストサポーターズとは、行政だけでなく、民間企業や団体が協働してすすめる美しい森林(もり)づくり推進国民運動の一貫として、多くの方の森林づくりへの参加をもっともっと広げていこうとする取組です。

サポーターになるには、誰もが参加できる「森にふれよう」、「木をつかおう」、「森をささえよう」、「森に暮らそう」という4つのアクションのうち、自分ができるかも・したいと思う取組をやります!と表明することが条件となります。




そんなふうに「多くの方で森を支えていこう!」と取り組んでいる背景には、林業の採算性や、山村の過疎化により「植える、育てる、収穫する」という循環がくずれていることがあげられます。


森林は二酸化炭素を吸収して地球温暖化を緩和したり、木材を供給したり、洪水や土砂崩れを防止したりといった働きがありますが、上記のような現状ではその働きが危ぶまれている状況です。
森林は森林所有者や山村の人だけでなく、みんなで支えていかなくてはならないものではないでしょうか。


ただ、そうした事実を知って、森林のために何かしたい!と思っても、果たして自分に何ができるか分からないと思われるかもしれません。


その一歩として、サポーターに登録するのに4つのアクションからご自分ができる(できそうな)ことを選ぶときに、自分が身近にできることを考えたり、見つけることができる仕組みではないのかなと思います。


フォレストサポーターズのHPでは、「森にふれよう」、「木をつかおう」、「森をささえよう」、「森に暮らそう」のアクション毎にサポーターの方が行っている活動のお知らせが紹介されています。


私どもの企画しているジャパンクッブオープンin岩手に参加していただき、住田町という山に囲まれた山村に来て森にふれることや、クッブというゲームを通じて木のよさを感じてもらうことも、森林づくりの一歩であると思います。


フォレストサポーターズの詳細についてはフォレストサポーターズのHPへ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。