ジャパンクッブオープンin岩手住田町実行委員会のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会の様子(ブロック戦)
さてさて、ブロック戦の様子を写真でご紹介します。



まずは子どもの部のようすから


チーム一丸となって臨みます。
チーム力

フィールドクッブからベースクッブを狙う、有利な場面です。
ベース

一番大事なのはコントロール 力が弱い小さな子も当てていました。
投げる

フィールドクッブが行き来して、なかなか決着がつかない場面。
白熱

ゲームに参加している人も、見ている人もみんな笑顔です。
笑顔

単純なゲームだからこそ、楽しめるのがクッブの素敵な点だと思います。





次は大人の部
全チームは紹介できませんが、



住田町商工会青年部チーム そろいの黄色いTシャツで参加です。
商工会

紫波っち・すみた森の案内人合同チーム 熟練された技が光るチームです。
しわ案内人

三陸中部森林管理署チーム 今回の大会のために、初めて練習をして参加してくださいました。
三陸中部

下有住クラブ 口でも他のチームの追随を許しません。
下有住クラブ

住田町社会福祉協議会から、忙しい中ゆかいな仲間達チームが参加してくださいました。
ゆかいな仲間達

チームフォレスターズ 遠くは秋田県の上小阿仁から来てくれました。
フォレスターズ


計24チームが各3~4試合のブロック戦を楽しんでくれました。



決勝進出チームは、

子どもの部のグループAは、チーム世田米、すみたコミュニティスクール、及川商店'S、東峰、川口少年団の5チームの激戦のなか、3勝1敗の及川商店'S、チーム世田米が決勝進出です。

グループBは、天嶽子ども会、キラキラチーム、どんぐり、下在チームの4チームのなかから、全勝の天嶽子ども会、1勝2敗でしたがクッブの数で2位のキラキラチームが決勝進出です。

グループCは、月山ファイターズ、恵山子ども会、さいとう工業'S、ドラゴンズの4チームの中から、全勝の月山ファイターズ、2勝1敗の恵山子ども会が決勝進出となりました!



大人の部のグループAは、
専修大学北上福祉教育専門学校A、紫波っち・すみた森の案内人合同チーム、住田町商工会青年部、花巻市レクリエーション協会、チームフォレスターズから、全勝の紫波っち・すみた森の案内人合同チーム、3勝1敗で専修大学北上福祉教育専門学校Aが決勝進出です。

グループBは、専修大学北上福祉教育専門学校B、ゆかいな仲間たち、下有住クラブ、K.R.F.、三陸中部森林管理署から、3勝1敗で、下有住クラブ、K.R.F.が決勝進出となりました。




(つづく)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。