ジャパンクッブオープンin岩手住田町実行委員会のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クッブのルール(詳細版)③
②の続きです。 こちらへ

〔後攻チームの攻撃から〕
7 Bチームは、自陣のベースラインの後方から、1人が1本ずつ順番に、カストピンナを相手コート内(Aチーム側)のフィールドクッブを狙って下手投げで投げます。

フィールドクッブを全部倒さない限り、ベースクッブを倒すことはできません。

ここでは、6人投げ終わって、フィールドクッブが1本だけ倒れたとします(紺色のクッブ)。
3-1




8 次ぎにAチームの攻撃の前に、Aチームは倒れたフィールドクッブ(紺色のクッブ)をBチームのコートに向かってベースラインの後方から投げます。
3-2



9 Bチームは、Aチームより投げられたクッブの両サイドの一方を選んで、そこを基点にしてクッブを起こします。
3-3





〔自陣のフィールドクッブが倒れず残っている場合の攻撃〕
10 AチームのコートにはBチームが倒せなかったフィールドクッブ(緑のクッブ)が残っています。

Aチームはその残っているフィールドクッブの位置(下の図の赤いライン)まで前進して、カストピンナを投げることができます。
おじさん


3-4

ここでAチームは、Bチームが倒したクッブ(紺色のクッブ)を倒さないと、Bチーム側のベースクッブを倒すことができません。


11 以上を繰り返して、相手チームのすべてのクッブを倒したチームが、初めてキングを倒す権利を得て、最終的にキングを倒したチームが勝者になります。
こども


(そのほかのルール)
※キングをねらう時は、常にベースラインの後方からカストピンナを投げます。
※相手チームのクッブを倒す前にまちがってキングを倒したチームはその時点で負けになります。
※倒れていないクッブが1本、カストピンナが1本のみとなった場合は、その回で勝負が決まることはないので、攻撃権は相手側に移ります。


ルール紹介は以上です。

もっと説明したほうがよい点等ご意見お待ちしております。

宜しくお願いいたします!
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。