ジャパンクッブオープンin岩手住田町実行委員会のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クッブの歴史
 今日はクッブの歴史について、日本レクリエーション協会 エコクッブスミタパンフレットからご紹介したいと思います。


 クッブの発祥については、一説にはバイキングの暇つぶしの遊びが起源という話しが伝承されています。

確実なところでは、中世後期のハンザ同盟※の各都市で普及していたことが、歴史的事実として知られています。

現在でもスウェーデンを中心にかつてハンザ同盟都市が存在した北欧諸国で愛好されています。

 1995年からはバイキングやハンザ同盟の拠点としてしられるスウェーデンのゴットランド島で毎年8月に世界大会が開催されています。

8才から80才!までの幅広い年代層のクッブプレイヤーが約400~500人集い、クッブを楽しんでいるそうです。



ジャパンクッブオープンもそんなふうに多くの方が参加してくださったら素敵ですね。

実行委員会としても頑張って行こうと思います!


※ハンザ同盟は中世後期に発達した都市同士の商業同盟で、北ドイツを中心にバルト海沿岸地域の貿易を独占して、ヨーロッパ北部の経済圏を支配していました。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。