ジャパンクッブオープンin岩手住田町実行委員会のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャパンKUBBオープン2010in岩手会場
ジャパンKUBBオープン2010in岩手の会場です。
 今年6月に新装された町の運動公園野球場です。
1
 

 外野は天然芝で、夏の日差しを浴びて緑色に輝いています。
2


 観客席は、地元のカラマツ木材を使用しています。
 KUBBに使用されている木材と同じ原材料を使用しています。
3



 これまで町内でのKUBBは、学校の校庭や高原の牧草地で行われていました。
 校庭では、地面があまりにフラットなためカストピンナが転がってしまい簡単に当たってしまいます。反面牧草地では転がりがほとんどなく、中々KUBBに当たらずにゲームが間延びしてしまいます。

 この、中間で適当に転がって適当に当たるのが芝生です。
 
 また、芝生はクッション性もあり、長時間KUBBをやってもあまり疲れません。
 夏場でも、それほど暑さを感じません。

 先日まで南アフリカで開催されたワールドカップ。
 綺麗な天然芝の上で熱いプレーが展開されました。
 ヨーロッパで屋外のスポーツは、サッカーもラグビーも芝生で行われています。
 あのようにダイナミックなプレーが出来るのは、幼いころから芝生の上で練習しているからとの分析もあるようです。

 日本でも、サッカー協会が学校の校庭を芝生にしようとの取り組みを展開しております。

http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=30709

http://www.greensportstottori.org/

http://plaza.rakuten.co.jp/playgrounds/

これを、猿真似して、平成19年度を最後に閉校した小学校の校庭を芝生化しようとの取り組みが町内の下有住(しもありす)と言う地区で行われています。
4


地区の方々が1平方メートルにつき500円で芝生を購入し、自らがボランティアで植え付けしたものです。
5


この芝生の上でKUBBワールドカップの開催を目指しがんばりましょう!

(タダ)
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。